モバイル寿司ロボット.pdf にぎりロボ天.pdf 定価:38万円(税前) お問い合わせは、グローバル・エスエフまで
新着記事
セブン-イレブンネット

header_02.gif

海外サイトで購入できない方は支払代行.jpがサポートします。

2011年03月04日

20年以上前からロンセラーを続けているゴム長靴「バーバリアンチーフテン」

自然と現代人が見失いがちな野生感を背景にBARBARIAN(未開の人)と
CHIEFTAIN(部族等の頭)をシンボライズし「BARBARIAN CHIEFTAIN」と
名づけられたブランド名。

製造は昭和10年創業の弘進ゴム。
長年、工業用や農業用の長靴を製造している老舗メーカーです。

バーバリアンチーフテンが20年以上も売れている理由、それは履き心地です。
長靴はゴムを筒状に一体成型して作りますと、足にフィットせずブカブカしてしまうのです。
バーバリアンチーフテンはなんと27ものパーツを貼り合わせて成型されています。
つまり、より足の形に近い長靴に仕上がっているのです。

一般的な長靴のパーツは約10程度と言われてますので、
いかにチーフテンが多くのパーツを使用しているかがわかります。
長靴にありがちなブカブカ感を軽減し、より快適なフィット感を実現しています。

更に、日本人の足の形、動きを考慮して作り上げた足型(ラスト)と外底(ソール)で
ベストフィッティングを追求。
アウトソールはクッション性の高いソールを採用、石や木の根などから足を保護する形状で、
屈曲性の良いウェービングパターンと泥づまりを防ぐスリットが路面を確実にグリップ。

本体はクッション性に優れたEVA材と表面に吸汗性に優れた素材を使用。
新たに踏み付け部とかかと部に衝撃吸収材を使用。足への衝撃を和らげます。
また、取り外して洗うことも出来る為いつも清潔な状態を維持できます。

ここまで読んでいただいてバーバリアンチーフテンが20年以上も売れている理由に
納得していただけたでしょうか。

バーバリアン チーフテンが常に大切にしているもの、それは信頼されるクオリティです。

モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション

posted by Mark at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188903697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Banner